Posted by & filed under programming, windows.


研究室の先輩に話を持ちかけられて、作ってみることに。

FeliCa (Edy とか Suica みたいなカード) で情報を紐付けして決済する仕組みな感じのもの。

初めは Python で作ってみようかと思ってたけど、GUI周りが結構面倒そうだったので、 Visutal C++ で作ってみることにした。

これまでプログラミングは UNIX 上で動く CLI なものか、 Web ベースのものでしかやってきてなかったので、Windows 上で動く GUI なプログラムはこれが初挑戦。

Visual Studio 自体あんまりあつかったことがなくてどうなることかと思ってたけど、案外どうにかなってる状態。

国内のコミュニティが大きいお陰で、探せば大概日本語のドキュメントが見つかる。 msdn すげぇ。

Python とか Objective-C だと大体最終的に英語のページに行き着いてたのと比べると、かなり楽。

ユーザー側のプログラムを途中で放っておいて、途中から管理用のプログラムを作り始めたので、完成度は中途半端。

管理用のプログラムは、

  • ユーザーの追加と削除
  • 入金機能
  • 商品の追加と削除
  • 購入履歴の閲覧

ぐらいは出来るようになった。

肝心のユーザー側に関しては、

  • JANコードから商品を検索してきて品名とか金額を表示
  • カードを読み取って名前とか残金を表示

ぐらいまでしか作ってない。決済がまだ。作ろうと思えばすぐ実装できそうなものだけど、未だに UI をどんな感じにするかが固まってない状態。

今の調子だと来週中に完成してしまいそう。集中力が切れなければ。。