Posted by & filed under diary, mac.


2月4日にiPhone4でもiOS4.2.1で Untethered Jailbreak が出来る, Greenpois0n RC5が公開されたので,早速アップグレードしてみた.

前回と同じくベースバンドはunlock可能な01.59.00を維持.

1.用意する物

2.ベースバンドを維持したままバージョンアップ

TinyUmbrellaでiOS 4.2.1のSHSHを保存した後にTSS Serverを起動する.
起動した状態でiPhoneを母艦につないでiTunesを起動し,Option(Shift)を押しながら”復元”をクリックし,ダウンロードしておいたiOS 4.2.1 ipswを選択して復元を開始する.

復元処理の最後のあたりで1013エラーを吐いて失敗したら成功.気にせずOKを押してiTunesを終了させる.

3.Jailbreak

前回は,ここでTinyUmbrellaの”Kick out of Recovery”ボタンを押せば正常に起動していたが,今回はExit Recoveryボタンを押してもRecoveryモードで再起動してしまう.ここで嵌った.

そのままの状態でgreenpois0nを実行してみても,Failed… 何度繰り返してもうまくいかない.エラーを吐かないので何が原因かも分からない.

こんな事になったときの対処法はこちら.(Mac Only)

  1. ターミナルを開く
  2. greenpois0n.appがあるディレクトリまで移動
  3. $ open Greenpois0n.app/Contents/MacOS/greenpois0n
  4. すると,別ウィンドウのターミナルが開き,greenpois0nが起動するので,後はいつも通りiPhoneをDFUモードにしてJailbreakを実行

これでうまくいくはず.

Jailbreak出来たら,Loader.appが追加されているはずなので,そこからCydiaをインストール.
Cydiaが入ったら,PKGBackupなどのバックアップアプリをインストールして一気に復元する.
いくつかのアプリはまだ4.2.1に対応していないのでセーフモードになってしまう場合がある.qTwitterなどはまだ対応していないようだったので削除した.
MakeItMineは4.2.1から対応していないので,代わりに”Fake Operator“を導入.設定.appからキャリア名の変更が出きるようになった.