[Mac] [Xcode] ターゲットによってインクルードファイルを切り替える方法

info.plistプリプロセッサ定義

久々のまともなエントリ.

今回は,Xcodeでひとつのプロジェクト上に複数のターゲットが存在し,すべてのターゲットに共通のコードが存在し,そのコードのインクルードをターゲットによって切り替えて使用したいときの設定方法.

続きを読む

[Windows7] 右クリックメニューから任意の場所でコマンドプロンプトを開く

shell_openWindowsではあんまり使うことはないが、時々コマンドプロンプトを使って作業を行うときがある。

通常、コマンドプロンプトを実行すると、ログオン中ユーザのディレクトリがカレントディレクトリとなる。

このとき、たとえばCドライブ直下など、浅い階層のディレクトリで作業するなら cd コマンドで移動するのは楽だが、深い階層になればなるほど面倒くさくなる。特に、違うドライブの深い階層ともなると、非常に面倒くさい。

そこで、エクスプローラの右クリックメニューを拡張し、選択した任意のフォルダでコマンドプロンプトを開くことが出来るようにする。

やり方は、ちょっとググればいろんなサイトで見つけることが出来るが、Windows7はちょっと勝手が違ったので一応メモ。

.

ちなみに、試した環境は、 Windows 7 Ultimate 64bit

他の環境では違うかもしれない。

続きを読む

[mac] [OpenGL] XcodeでGLUTを使ったプログラムをビルドする方法

Mac OS Xでは,Developer Toolsをインストールすると,OpenGLやGLUTのライブラリも一緒にインストールされる.

これを使ってプログラミングするには,ヘッダファイルをincludeする必要があるが,WindowsやLinuxでは

#include <GL/glut.h>

のところを,Mac OS Xでは,

#include <GLUT/glut.h>

にしなければならない.そうしたくない場合は,/usr/local/include へ自分でglut.hのシンボリックリンクを作成する.

$ sudo mkdir /usr/local/include/GL
$ sudo ln -s /System/Library/Frameworks/GLUT.framework/Versions/A/Headers/glut.h /usr/local/include/GL/

こうすると,LinuxやWindowsと同じようにincludeすることが出来る.

コンパイルにはgccを使うが,その際GLUTとOpenGLのframeworkをそれぞれ指定して行う.

$ gcc -framework OpenGL -framework GLUT hogehoge.c

通常はこれで大丈夫だが,せっかくXcodeという便利なツールがあるので,使ってみることにした.

続きを読む

[JSP] 外部ページを取得しようとするとアクセス拒否エラーが出る

YahooのAPIを利用して,フォームから受け取った値で画像検索し,一番目にヒットした画像を表示するJSPページを作っている.

で,とりあえずAPIで取得したXMLをそのままdumpするものを組んで動かしてみると,java.security.AccessControlExceptionエラーが出て動かない.

続きを読む