[FreeBSD] 作業効率向上のための設定いろいろ

デフォルトのままではいろいろと作業がやりにくいので、portsで追加のソフトをインストールしたり、設定をしたりする。

vim

デフォルトで入っているviは削除した文字が画面上では消えずに残ってたり、カラー表示が出来なかったりするので、portsからvimをインストールして使うようにする。

# cd /usr/ports/editors/vim
# make install clean NO_GUI=yes

このとき、NO_GUIを指定しておかないと、X関係のパッケージを勝手に大量にインストールし始めるので注意。

インストールが完了したら、ホームディレクトリに.vimrcファイルを作成して設定する。
いろいろ設定しておきたいところだけど、とりあえずこれだけ。という設定。

set fileencoding=utf-8
set number
syntax on
set smartindent
set tabstop=4

たったこれだけの設定でも結構違う。
あとはaliasを書き加えておく。

export EDITOR=/usr/local/bin/vim
alias vi='/usr/local/bin/vim'

lsをカラー表示

Linuxでは大体、デフォルトでlsしたときフォルダや実行ファイルがカラーで表示されるけれど、FreeBSDはデフォルトでは全部白文字。しかも何の記号もついていないので全く区別がつかない。
デフォルトのlsでも-Aオプションを付ければ記号がつくので一応判別できるようになるけど、カラーの方が見やすいのでカラー化する。

色を付けるには、いろいろ方法があるみたいだけど、今回はgnulsを使用する方法をとった。
まずは、portsからインストールする。

# cd /usr/ports/misc/gnuls
# make install clean

あとは、シェルの設定ファイルにaliasを追加するだけ。

alias ls='/usr/local/bin/gnuls --color=auto'

[linux] [shell] [vi] ゴミファイル掃除

linuxでviとか使ってファイルを編集してると、末尾が”~”(チルダ)なバックアップファイルが自動生成される。

uコマンドで編集を取り消したりするために作成されるみたいだけど、編集後も削除されずに残っているのがいただけない。

しばらく放置してるとたちまちディレクトリがゴミファイルだらけになってしまう。

鬱陶しくなる度に削除してたけど、面倒くさいのでコマンドで一括削除できるようにメモ。(どうもfindとかのオプションは覚えられない…普段あまり活用してないせいだけど)

続きを読む